脇の臭いの根本原因について

■根本的な脇の臭いの原因

 

脇の臭い対策を効果的に行うためには、まずは脇の臭いの根本的な原因を見つけなくてはいけません。

 

実際に脇の臭いに悩んでいる人は、汗そのものに臭いがあると思っている人が多いのですが、実は汗そのものには臭いはりません。脇の下の汗腺は2種類あります。アポクリン腺とエクリン腺です。

 

それにプラスして、汗腺ではなく皮脂を分泌させる皮脂腺があります。汗自体には臭いがないのですが、分泌された汗と皮脂が入り混じり、更に皮膚表面の細菌と結びついて、それらが交わることで臭いに繋がります。

 

また、ワキガと呼ばれる脇の臭いが強い人は、アポクリン腺からの汗のほうが多くなっているので、より強い臭いを発生させやすい仕組みになっています。

 

■脇の下は細菌の繁殖がしやすい

 

脇の下の臭いで悩む人が多いのはどうしてなのかというと、脇の下は細菌が繁殖しやすい場所だからです。何といっても湿度が高く保たれていて、汗がなかなか乾かない場所です。

 

そうすると、汗をエサとして細菌がどんどんと繁殖して、臭いをたっぷり発生させてしまいます。細菌には非常に居心地のいい場所なのです。

 

■脇を清潔に保とう

 

脇の臭いが気になる…という人は、脇の下をとにかく清潔に保つようにしてください。細菌の居心地がいい場所を作らなければ、臭いもある程度抑えられます。

 

清潔な状態を常に保つためには、汗をかいたら拭く、デオドラント製品で汗を抑えるなど…今すぐに出来る対策もたくさんあります。

 

オススメデオドラントグッズはコチラ